海上輸送と天候の問題

海上輸送と関わる人たち、普通の生活をしている人たち以上、天候の問題としっかり向きあう必要があります。

海上輸送・貿易は、天候に大きく左右されると言っていいでしょう。

今回のテーマは海上輸送でどのように天候の問題と向きあうかです。

海上輸送の天候の問題と向きあう

日本という狭いエリアでもいろいろ仕事をする上で天候という問題とは向きあっていかなければならないですが、世界を舞台にすればてそれ以上、天候は大事な問題です。

特に海上輸送は船の延着だけでなく、台風の事態では、コンテナヤードが閉鎖してしまう……ということも簡単におき、ビジネスに支障が出てきてしまうことになります。

ヤードクローズともなれば、輸入許可が下りても貨物を出庫できないため配送ができません。

輸出では、コンテナの搬入をすることができませんし。

配送のためトラックを手配していた人たちは、キャンセル料金も含めて考えていかなければならないです。

台風の進路が予測不可能

まず、状況チェックのため、コンテナヤードの状況、動船(入港スケジュール)は本船の船会社やオペレーターに確認することになります。

できるだけあらかじめそのあたりの問題をチェックしておきたいところですが、そもそもあらかじめというものの、台風の進路が予測不可能ですよね……。

ヤードの状況は当日の朝でないとわからないというケースも頻繁にあります。

クローズしてしまったコンテナヤードの中は……

クローズしてしまったコンテナヤードの中では、どのような感じで、台風に対しての対策が考えられているのでしょうか。

通常では、コンテナのケースは、5段に積み重ねして置くことになります。しかし、強風での横転のリスクを回避するため、積み上げる段数を減らすことをします。

また、コンテナ同士を金具でつなぎ固定することをしています。

しかし、台風が来てからそれをしたのでは遅いですよね……。

通常の荷役作業はしないで、台風対策のための作業を行うことになります。ですから、相当早い段階で、 ヤードクローズになってしまうことも想定することができます。

そして、またまた台風が去ってしまえば、すぐに荷役をスタートということにもならないで、 台風対策解除のための作業を延々としなければなりません。

無事荷役が再開されば、搬入や引き取りのトラックでヤードは混みあってしまうことでしょう。「大渋滞」という最悪のパターンにも遭遇してしまうことになります。

海上輸送とは、こんな天候問題とも真っ向向きあう仕事なのです。